extraordinary time
大好きな劇団四季、佐野文彦さん・正幸さんツインズについて好き勝手に語っています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
9/10佐野文彦さんご出演ROMEOatウナカンツォーネ(佐野正幸さんの双子のお兄様)
自身ROMEOは3回目、ウナ自体は5回目なので
いつもの~という感じになってきてすごく楽しみでしたぴかぴか(新しい)

待ち合わせ時間を勘違いしていて、
急いで行ったら開演30分前に着いてしまい...
1番乗りに冷や汗
どうしようまだ誰も来てないし...

と思ったら少しずつ出演者の皆さんが集結してきて、
こちらは一方的に「お久しぶりです~」という気持ちで嬉しくなってしまううまい!

ひとりぽつんとテーブルに着いている間は、
オーナー様が非常に細やかに声をかけてくださり...
頼れるありがたすぎるexclamation ×2

友人たちも来て、やっといつもの感じになり
安心して1ステージ目を迎えましたぴかぴか(新しい)

ピアノは小林力さん。
ランニングゆえに日焼けなさってます!!
エモーショナルなピアノを聴かせてくださいました。
時にピアノ椅子から身体を5cm浮かせたまま演奏されてて...
この日の選曲で、力さんの本気を垣間見たような気がしました。

最初に歌われるオーナーのセットリストも、
お願いして後で教えていただきました。
2曲目のエ ペンソ ア テ(そして君を想う、の意味)という曲は、
先日、文彦さんも歌っておられて気になっていた曲。
ドラマチックに盛り上がって、ラストはディディム、ディディム...
といってフェードアウトしていく感じが何とも苦しくなる...

唯文さんはサン(フランス語)で始まるタイトルの曲で揃えてました。
てことは今日も、唯文さんが激しく踊るナンバー、
サンジェルマンがくるじゃないか!!
と思うとウッシッシにやけてしまい下向いてました(笑)
フランスで数ヶ月過ごされた思い出を交えながら歌ってくださいました。

高木掠太さんは柔らかい声質で、ご本人のほのぼのキャラにも合ってて癒されるダッシュ(走り出す様)
今日は愛で始まる3曲を。
いつもミュージカル曲を入れてくださるのでそれも楽しみなんですが
今回は!!コーラスラインから、愛した日々に悔いはないをハート達(複数ハート)
美声にのって歌詞が入ってくる~ぴかぴか(新しい)
選んだ道を悔やまないようにと励まされましたわ(笑)

そして愛の讃歌フランス語。
高木さんのフランス語、柔らかくて聴き心地いいですグッド(上向き矢印)
「ク」の音を歌う高木さんは見所ですウッシッシ

キング文彦さんは...
1ステージ目の最後に、ずっと聴きたかった
山崎まさよしのone more time, one more chanceを泣き顔
泣くって。こんなの。

これは山崎まさよしさんが、なくした猫のために書いた曲、
という都市伝説を信じているのと、(笑)
思い出の曲なのもあって泣けました。

どうしても1ステージ目は若干緊張してしまうのですが、
休憩時間に出演者の皆さんと少しお話しをしたりして、
かなりほぐれるんですよね...。休憩必要ですダッシュ(走り出す様)

2ステージ目
4人で歌うロミジュリきたー!!
ロメオでは毎回聴けるのにいちいち鳥肌たつのは
なぜなんでしょうか~冷や汗

他にもいい曲いっぱいあったのですが
これ以上長くなるとちょっとねたらーっ(汗)

印象に残ったのが
唯文さんの「僕はスノッブ」
元パリコレモデルという経歴からか??
非常に似合ってました。
内容は、調子にのってる若造の歌です(笑)

唯文さんが、次に出演する文彦さんを
「イタリアの太陽のような」と表現していて
そのものだなーと思いましたぴかぴか(新しい)
そういうときにサラっと素敵な表現ができるところ、見倣いたいです。

文彦さんの
「別れの曲」イタリア語ver.
クラシカルな歌唱でありながら
こんなに繊細かつ情熱的に歌うなんて文彦さん神業です泣き顔
この曲は、泣くのではなく、心打たれつつも穏やかな気持ちで聴けましたダッシュ(走り出す様)
ひと安心揺れるハート

いつものメンバーで、
いつもの出演者の皆さんの歌を聴ける、
それだけで幸せなんですよねー。
毎月必ずある、というのも嬉しいことだし。
私にとっても、
ロメオがライフワーク(ただの客ですけどw)になりつつあるのかな、
と感じた日でした。
[2014/09/12 16:50] | 佐野文彦さんライブ | トラックバック(0) | コメント(0)
8/31佐野文彦さんソロコンサートatウナカンツォーネ 2ステージ目
ー続き

席で2ステージ目の開始を待っていると、
ピアノ上に「少年時代」楽譜が目がハート
これ文彦さんで聴きたかったんだ~るんるん
(以前のライブのセットリストにも入ってた)

2ステージ目の衣装はシャイニーなブラックかダークグレー??のスーツ。
キラキラしてますぴかぴか(新しい)

少年時代はちょっと泣けました。続いて
小さな空
優しい歌詞とメロディで、
「子どもの頃は~」と
歌いかけて来るので子守歌みたいなんです揺れるハート

文彦さんがウナカンツォーネで歌うようになった
きっかけである、
村上進さんとの出会いのお話をしてくださいました。

まだ駆け出しの頃に、
村上さんからウナで歌うチャンスをもらえたことで、
今に至る...という流れをお聞きして、
聞いている私もちょっと切なくなってしまいました。

その村上進さんは若くして亡くなられたそうですが、
村上さん作曲(作詞かもです)の歌を、と4曲続けて歌われました。

今までも聴いていた曲であっても、
文彦さんが、そんな思いを込めて歌われてたのか~と思ったら
じぃーん涙同じ歌なのにまた違って聴こえてきました。

その中でオススメは、
数え切れない女たちぴかぴか(新しい)
非常に文彦さんらしいといいますか...あせあせ
文彦さんのような方のための曲exclamation & question←知りませんが
「今夜は二人の最後の夜だよ」この歌い方と表情の、
開き直ったアイロニーさがすごく良いんです(笑)

ナポリへの涙、は、
ナポリを思うセリフ語りから始まる物悲しい曲。
セリフも噛み締める、染み渡る感じで雰囲気がありますダッシュ(走り出す様)

カルーソ、大サビ??のところで
マイクを下げて生声で歌われて、
その声量とまっすぐな声の響きに感嘆のため息ダッシュ(走り出す様)

続いて、「私を泣かせてください」の
アレンジver.、カフェでかかってそうな軽快なピアノで
文彦さんも揺れながら歌われますぴかぴか(新しい)ルンルンムードるんるん

ロミオとジュリエット、
いつもはロメオの4人で、部分的にコーラスで聴いていたこの曲。
大好きでこれが聴けなければ帰りたくないexclamationというマスト曲ぴかぴか(新しい)
それをフルで聴けることが嬉しいハート達(複数ハート)
これはもう...歌でありドラマですよね。
1曲で、古い名画か、もしくは劇を一本見た感じ(そもそも物語ベースですけど)。

10曲目、締めは
僕の月
この曲、途中からほとんど泣いてしまい
感動したくせにあまり覚えていないんです...
もう一度ちゃんと聴きたい。
これもまた、見守っている、というような
歌詞だったかと思いますやや欠け月

今日のライブを振り返り、
文彦さんご自身の歌手人生を、
何も知らない私にも、勝手に想像させてくれるような。
文彦さんもウルウルしてて泣き顔
涙を止めようとしても、
何だか惰性で止まらなくなってました(笑)

文彦さん、ここでいったんステージを降りられます。
いつもなら、爽やかな笑顔で
ありがとうございます、と
何か言葉が続くのに、
この時は「ありがとう。」とだけ小さく呟かれて涙

マダムたちのアンコールがかかり、
文彦さん再登場ぴかぴか(新しい)
Love me tonight
手拍子で盛り上がったのと、
文彦さんがロックスターwに見えたのは覚えているのですが、
曲のほうが記憶の彼方あせあせ(飛び散る汗)

片恋
また泣けました
聴きながらも
切ない歌詞と、
この最高の2日間と、
友人たちと出会えたこと、
文彦さんと出会ったこと、
きっかけの正幸さんと出会ったこと、
それがあって今があるんだなーと
全部が連鎖的に思い出されて涙止まらないよ~泣き顔
困ったものです。

でも最後はちゃんと笑顔で、
ステージを降りる文彦さんを見届けることができましたexclamation ×2
文彦さんもまた、ありがとうございました。と穏やかな笑顔うれしい顔

お見送りではまたまた気さくにお話ししていただき、
感無量で帰途につきました。

こうして書いていてもまだまだ思い出されてくることばかりで、
随時追記していくと思います...
ほぼ、個人的な記録日記に近いのに、
いつも読んでいただいて、ありがとうございます。
[2014/09/03 11:58] | 佐野文彦さんライブ | トラックバック(0) | コメント(0)
8/31佐野文彦さんソロコンサートatウナカンツォーネ 1ステージ目
待ちに待った初のソロコン、
文彦さんから受け取ったものが多過ぎて、
しばらく放心状態でした...
やっとレポにとりかかれますあせあせ(飛び散る汗)

文彦さんのライブはいつも平日の夜なので、
日曜日のお昼から会場に向かうのは新鮮ぴかぴか(新しい)
14時開演なのですグッド(上向き矢印)

リハが聴こえてくる~目がハートムード
ちょっと緊張感のある空気がドアの外へ伝わってきて、私も緊張...

続々とお客様がいらして(マダムがいっぱいぴかぴか(新しい))
階段に列を作って待ちます。

いよいよ入場。
ななんと、ステージの真ん前に着席することにexclamation ×2

ステージといっても、
床の一部が少しだけ高くなっている状態で、特に仕切りもないので、
足がちょっとステージの端に乗っちゃう距離感衝撃
こんな目の前で見るのは初めてで(心臓)大丈夫かな...

開演前は文彦さん、
11月にご夫婦でなさるコンサートの告知など、
お客様に声をかけながら過ごされてました。オーナーのご挨拶、ピアノの大貫さんの紹介があり、
ついにキング登場(笑)
1ステージ目の衣装は
白スーツに柄シャツでビシッとハート達(複数ハート)

ちょっと緊張なさってる??
やっぱり空気がいつものロメオとは違うよ~あせあせ(飛び散る汗)

1ステージ目に歌われた10曲の中で、今まで以上に
文彦さん、本領発揮、凄いふらふらと最初に思わされたのは、
5曲目の"摩天楼"

スピード感のある曲で、歌詞も非常に多く
歌い切るだけで相当なエネルギーが必要なハズ...衝撃
なのに声量は曲の終わりに向かって、
ボリュームを失わずに、むしろ上げてくるグッド(上向き矢印)
戦争についての具体的な表現を含む歌詞に、
真剣な顔で聞いてしまいました。

ロマンチックな選曲が多いと思ってたら、
こんなガチガチにハードな曲も歌われるんだ...

この、摩天楼を含む3曲を歌われる時に、
「この3曲はけっこうハードなので、
これが続けて歌えなくなったら歌手をやめようかと...」
みたいなことを言われていたような...?
そんな寂しいこと言わないでくださいー。。。

「ウォーターをください」
といって、小まめに水分補給しながら歌われてました。
それも納得なほど、膨大なことばの量...
歌詞を覚えてるだけでもすごいのに、
それこそ1音も歌詞を落とさず歌い上げられる、
プロだ...。

そのあとはミュージカル曲キターうまい!
パリ野郎、以前のソンダンCDで市村さんが歌ってた曲だ~目がハート
文彦さんがいたずらっ子風の笑顔で、
指さしや、アコーディオンを弾くジェスチャー付きで歌われると
こっちもニコニコしちゃうよーうまい!

エビータから、星降る今宵に
はい、好きですーハート
この曲もまた、文彦さんに似合うな~ウッシッシ
気持ち良く伸びやかに歌ってらっしゃいました。

どの曲かははっきり覚えていませんが、
こういったノリのよい曲だと文彦さんの
指パッチンでリズムをとったり、ピアノのほうを向いて
鳩のような首振りが入るのがムード(悪気はないです)
いちいち動きもかっこよくて見ちゃう目

そしてMOTN演劇
大迫力です衝撃以前に動画で見た文彦さんのMOTNより、
もっともっとファントムの世界観出てるよ~げっそり

驚くのは、他の曲を歌った直後なのに、
一気にファントムの心情やストーリーを表現して歌われること...
ミュージカルのようなセットや衣装、共演者もないのに。
文彦さんの凄さがまたわかって鳥肌ダッシュ(走り出す様)

正幸さんとは発声も歌唱の仕方も違い、
それぞれ別の魅力を持った歌声なので、聴いていて
正幸さんが浮かんで来ることは私はあまりなかったかな。

一転、MCになると、柔らかく優しい声でご自身のハプニングや、
正幸さんのお話をギャグを交えながらしてくださるので、
そのギャップにやられますハート達(複数ハート)
ファントムのお話では、ボートをこぐジェスチャーをして
矢切の渡しとか(笑)
可愛いんですがexclamationむふっ

双子の弟の正幸さんが劇団四季で
怪人や野獣を演じている事をお話されると、
お客様からはへぇ~すごい、というような声が。
正幸さんの事をあまり知らないお客様もけっこういるんですね。
「僕のほうが兄なんですけど」と兄アピールはしっかりと(笑)

1ステージ目ラストは、
レ・ミゼラブルの
星よ
以前にも文彦さんで聴いて、深く感動した曲なので
素直に嬉しいexclamation ×2

文彦さんの低く力強い声で
「照らすのだ」(←好きなフレーズ)と歌われると、
見守られてるようで
安心感とエネルギーがみなぎってくるよーグッド(上向き矢印)衝撃
文彦さんがLKのムファサに見えてきますウッシッシ

こうして1ステージ目が終わり、一旦休憩。

え、まだ半分??(笑)
すでに満足感を感じながら、飲み物を飲んだりして
2ステージ目に備えました。

続く...あせあせ
[2014/09/03 10:53] | 佐野文彦さんライブ | トラックバック(0) | コメント(0)
7/9佐野文彦さんご出演ROMEOatウナカンツォーネ
先月に続き、またまたROMEOに行ってまいりましたうまい!
佐野文彦さんの歌声が大好きなので...間近で聞けるこの空間はたまりませんムード

歌もルックスも、正幸さんとは別の、
ラテンな??ちょいワルイタリアン的な魅力なんですよね...ハート達(複数ハート)
イタリア語で歌われるのが1番しっくりくる気がしますカラオケ

この日の選曲は、私の好みの曲ばかりでもうドキドキしっぱなしでしたぴかぴか(新しい)

コステロ SHE
エビータ 星降る今宵に
数えきれない女達(タイトルツボウッシッシ
彼女に告げてよ
ジキルとハイド This is the moment(myベストハート達(複数ハート)

最後には、ROMEOの4人のシンガーさん達で、
ロミオとジュリエットのテーマをアカペラでコーラスしてくださるのですが、
うっとりしてしまう美しさと迫力で倒れそうでした目がハート

来月はこの会場で文彦さんのソロライブですぴかぴか(新しい)
もちろん行きますわーい(嬉しい顔)
[2014/07/12 13:31] | 佐野文彦さんライブ | トラックバック(0) | コメント(0)
佐野文彦さんのライブatウナカンツォーネ
ずっと行きたかったウナにやっと行けましたぴかぴか(新しい)
ご存知の方も多いと思いますが、佐野さんの双子のお兄さんの文彦さんのライブでするんるん
前から動画で好きな声だなーって思ってたけど、生歌聞いて完全にファンになりましたムード
大雨の中、頑張って行って良かったうまい!

文彦さんはサービス精神旺盛の素敵な方ですハート達(複数ハート)
声量が声楽の方なので、目の前で歌われるとビリビリ響いて、
マイクいらないでしょふらふらって言いたいほどでした冷や汗
大満足でさっそく次のチケットを買ってしまいましたグッド(上向き矢印)

夜遅くなるので、遠方の方は泊まり必須ですが・・・気になる方はぜひウッシッシ
[2014/06/13 16:20] | 佐野文彦さんライブ | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ
プロフィール

mininokitten

Author:mininokitten
welcome

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。