extraordinary time
大好きな劇団四季、佐野文彦さん・正幸さんツインズについて好き勝手に語っています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
9/11赤毛のアンマチネ
小さいころから本やアニメで見てアンの世界に憧れていたので、
都内にいたついでに気軽に観に行ってきました。
セットも衣装も可愛いし、ほのぼのしていて癒されました~!!

カットされたシーンがあると聞いていましたが、
初見の私にとっては、短いとは感じず、
へぇーまだ続くんだーグッド(上向き矢印)と長く思えるくらいうまい!

歌もダンスの振り付けもこれまた可愛いハート
そしてアンとギルバートの明るく清々しい子どもらしさ、
マシューとマリラの不器用でもアンを思って行動するところ、
太陽のようなステイシー先生、
すべてが健全でかわいらしい世界もみじ

個人的にはストーリーを知っているため、
マシューが出てくるだけで泣ける(笑)
マシューの一言ひとことの言葉、まなざし、動き一つひとつに、
アンへの愛情が滲み出ていて、もうボロ泣きでした泣き顔
単に父→娘の愛に弱いのもありますが...

菊地さんのマシュー素敵ですぴかぴか(新しい)
アンと踊っているときの幸せそうな穏やかな微笑みハート達(複数ハート)
観てるこっちが幸せですムード

婦人ボランティアの皆さんもいつもウキウキしてて快活、
楽しんで演じられている様で観ていて楽しかったでするんるん

アンの若奈まりえさん、
可愛く元気で歌もハキハキしててアンに似合うキャラクターでしたぴかぴか(新しい)
コミカルなシーン、ちょっっ...と堅さがあるような...
平日マチネでお客さんも少なめだから仕方ないかもですが、
笑いは地味~にしか起こらなかった感じでした。
初見の方も多かったようですしねexclamation
いつか、もっともっと自由に歌い踊るアンが観てみたいですねグッド(上向き矢印)

ギルバートは、申し訳ないのですが過去に
大好きな佐野正幸さんが演じられたこともあり、
ついつい佐野さんがやっていたのを想像しつつ観てしまうという。
佐野さんが、こんな可愛い動きやわりと激しいダンスもやっていたのかー!!
(はい。わかってます)

ギルバートが言う決定的なセリフ、
「にんじんどんハート達(複数ハート)」の言い方めちゃくちゃ可愛くてexclamation ×2
(ハート付きで聞こえました(笑))
あの言い方だったら、私がアンならすぐ「ま、いっか」って許してしまうけどな(笑)
歌もダンスも上手いし、クラスの人気者な感じが出ていて、
アンにたいしても誠実に謝ろうとしていて応援したくなりました。

最もせつないのは、好きな女の子であるアンと奨学金を競うことになり、
結果的に負けて、でもその権利を譲られちゃうところ冷や汗
そんなことされたらプライドズタズタになるよねexclamation & questionと思うんだけど、
ギルバートは、アンが僕のためにしてくれたって感謝の気持ちを忘れず涙
偉すぎませんか??(笑)

そしてダイアナの小川美緒さんが今回、役にハマっていて良かったです!!
以前BBのバベットで観ていた時はあまり好きになれなかったのですが、
ダイアナの育ちの良さそうなフワフワした、
こういうお嬢様いるよねっていう感じが出ていて
似合ってましたぴかぴか(新しい)常に眠そうな目とか目
嫌みじゃありませんよー

幕間にはアイスクリームも食べ、2幕で泣く準備を(笑)
泣きたくて見に来てるようなところがありますからそりゃぁ泣きました泣き顔
マシューがアンに伝えたかったこと。
心にしみました。

周りからどう見られようと、
いつでもアンらしく、というようなメッセージなのですが、
ここで涙腺鼻線崩壊...

こういう言葉を、
本当に信頼している、
それまでの自分を
ずっと知ってくれて見守ってくれた相手から言われると、
大きな意味を持つんですよね。
その後も一生、思い出すと力がわいてくるような言葉だと思いました。

それをきちんとアンに伝えたマシュー、最高の父親ですうれしい顔
思えば、最初リンド夫人に謝るよう、アンを説得したのもマシュー。
大事な教育をしっかり行ってきてるんですよね。

そしてマリラからは女性のたしなみを。
気難しく不器用ではありながらも、
精一杯アンを立派な女性に、という思いはしっかり伝わってきました。
ラストでマシューとアンへの愛を、言葉で表すマリラにも、心を打たれます。

エイボンリーは不器用でも情のある人たちが集まった、愛すべき街ですよね...
カテコ1回でちょっと、いやかなり寂しかったですけど、
心の中にあったかいものが残る、後味の良い演目でした。
見て良かった。

そして、
ここ数年思っていたことでもあるのですが、
大事なことはきちんと言葉で伝えなければ、ということを
改めて実感しました。
言えなくなる時が来る前に...

まさかのしんみり締めですが(笑)
ほのぼの演目ですよーもみじ
スポンサーサイト
[2014/09/12 15:47] | 劇団四季その他 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<9/10佐野文彦さんご出演ROMEOatウナカンツォーネ(佐野正幸さんの双子のお兄様) | ホーム | オペラ座との出会い(ある意味、振り返りレポ) ルーツ編の続き>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
前のページ 次のページ
プロフィール

mininokitten

Author:mininokitten
welcome

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。