extraordinary time
大好きな劇団四季、佐野文彦さん・正幸さんツインズについて好き勝手に語っています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
9/27オペラ座マチソワ
いつもオペラ座観劇のタイミングには運命的なものを感じる私←余談
今回もまた虫の知らせを受けて行ってきましたグッド(上向き矢印)

当初10月初めに予定していた遠征、どうしてもざわざわして、待てずに
最も忙しい月末にねじ込み、瀕死の札幌入り...。

結果、今週のキャス変で北澤ラウルが抜けてしまったのでexclamation
ぎりぎり、もう1度その勇姿を見ることができて良かった目がハート

しかもこの日の席は、
顔見知りの皆さんと固まって座るミラクルぶり(笑)
それぞれ別にチケ取りしてるのにダッシュ(走り出す様)え、あるあるですか。

【マチネ】

一言で言えば佐野ファントムばかり見ていました!
あとは吉田カーラ。
この2点集中でした(笑)

[佐野ファントム]
1ヶ月ぶりに観る姿に、なんだか無我夢中で目で追っていました。
マチネは、ファントムが舞台にいる間は
他キャストを観る余裕が一切ないほどに、
終始目を奪われていました...ぴかぴか(新しい)美しさの塊ですぴかぴか(新しい)

破綻した完璧主義男が1度はとことんまで転落して、
再び自身を取り戻していくさまを目の前で見ているんですよ泣き顔
美しいわけですぴかぴか(新しい)←歪んでるexclamation & question

個人的にマチネで最もファントムが煌めいた(笑)シーンは、
一幕にやってきました。
クリスへの1発目wの「歌え」

左の手のひらを上に向けて、
クリスに向けてゆっくりと差しのべながらの
「歌え」
完全にクリスの喉に声の魂授けちゃってるふらふら

だからそこからの「あぁ~」(笑)は、
クリスにもっともっとはっきり発声を切り替えて
絶唱してほしいくらい。そのほうが自然です。
(このシーンに関しては、表情も声量も、
オペラ座25周年ロンドンDVDのシエラの表現が理想ですグッド(上向き矢印))

この手の感じはソワレにはなかったんです...
細かく言うと手のひらを上向きにはしてなかった。
マチネのそれが気に入ったために、
ソワレのそのシーンでもずっと左手を見てたので(笑)

タイトル曲からMOTNは全て美しくて大好きなので、
長くなりすぎないよう
気になったポイントだけ!!←十分長い

ミラー
顔が照らし出された後、
ゆっくりとクリスのほうに顔を向けて。
若干斜めにも傾げていたように見えて、
真っ白な顔が鏡中央で回転してるような不思議な見え方、
...なぜexclamation & question
何となく、白雪姫の鏡を彷彿とさせるシーンでした。

タイトル曲
ファントム・どや顔祭でしたウッシッシ
ボートを漕ぎながら、
口の左端にずっと小さく笑みをたたえているんです。
「歌え」以降はギラ目を何度か発動(笑)
両手でなで上げシーン、髪の生え際あたりで
一瞬止めるところも完ぺきなスピードぴかぴか(新しい)

MOTN
クリス気絶以降の美しさ、秀逸ハート達(複数ハート)
人形を見たら気絶する事も全て予測済みで、
キリッと落ち着き払ってマントを取りに行くという...なんて輩だ!!w

倒れたクリスの顔を、
いったん止まりかけながらしっかりと見届けて、
マントをかけるまでずっと
娘の寝顔を見守る父の眼差し目がハート
優しさだだ漏れファントム泣き顔

今回感じたのは、
山本クリスへの遠慮が少なくなり、
大胆に接していたように見えました衝撃(前回比)
この曲でいえば顎をぐっと押して戻す所や、
その後の2人のシーン全てにおいて、積極的なファントムでした(笑)
接近シーンの近さが特に。
オペラ座クラスタさんたちいわく、
はるさんクリスだともっともっと近いよ~とのことですw

そしてマチネのファントムは、
山本クリスにも甘えを出す子供っぽい面も幾つも見受けられました。
PONRで指輪を渡して、クリスティーン!!と
叫ぶところなどは駄々っ子のように体を左右に揺すって、
なぜこの思いが遂げられないのか理解できないぷっくっくな顔
泣きじゃくってでもクリスが欲しい、
というほどのだだこね具合たらーっ(汗)

そしてラスト、ベールを抱きしめてボートを見やるシーン、
美しくて泣けました...
キラキラと鼻がベールにまっすぐな糸をひいて、
はっきりいって哀しく美しい光景でした。


[吉田カーラ]
吉田絢香さん、初見でした。
大げさな言い方ですが、
吉田さんカーラとの出会い(出会ってはいないけどw)は、
自身のオペラ座愛を確認するいい機会になりました~ぴかぴか(新しい)
なぜかは↓でw

カーラ登場シーンは、時代を事件の前へと引き戻し、
なおかつ観客の注意をぐっと引き付けて
物語のスタートを告げる重要な場面ですよね。

過去3人のカーラしか見ていませんが(浅井さん・河村さん)、
その中で最もカルロッタに見える方でした!!
理由は、まずスペイン女性に見えるお顔立ち(お鼻が特に)、
ちょっと耳にキンキンくるぐらいの声質で響く高音など、
吉田さんのもともと持っておられるものと、
もう一つは表現の仕方。厚かましい、意地悪なつんつん具合と、
憎めない可愛げのバランスがちょうどいいんですグッド(上向き矢印)

誤解を恐れずに言えば、
私にとって役を抜きにしたルックスの好みは断然浅井さん、
声質の好みは河村さんです。
それでも、カーラの役割を演じるのにベストなのは
この3人のうち吉田さんだろうな、と感じました。

カーラには、常にみんなをちょっとイラッとさせる存在でいていただきたいウインク
でも浅井さんはぱっと見、
普通に可愛い歌姫にも見えて、チビガエル、の台詞が合わない...
河村さんのThink of meに至っては、下手するとうっとり聞き惚れてしまい、
ファントムに「あーもうちょっと聞いていたかったのに、
邪魔しないで~」と思ってしまいかねない状態でしたほっとした顔

吉田さんはそこをクリアしてるんです~ハート達(複数ハート)
しかも、ただ憎たらしいキャラクターなのでなく、
プリマドンナではすっごくチャーミングに愛嬌を振り撒いて、
自分の持ち上げられぶりに酔いしれるあの表情るんるん
一気に好きになっちゃうよムード

結論は、吉田さんのおかげで、
個人的に好みの顔と声でない俳優さんでも、
作品イメージにピッタリならば
大歓迎してしまう単純な思考回路に、
やっぱりオペラ座好きなんだな~と認識できたのでした。

【ソワレ】
こちらも安定の佐野ファントムに目を奪われる3時間でした、
そして北澤ラウル!!
お二人の熱さが燃え盛るソワレでした。
山本クリスの感情表現もだいぶはっきりとしていました。

マチネで泣かなかった墓場、
ソワレは泣こうと決めて、まんまとぼろ泣きできました(笑)
かなりこちら側で努力して感情移入しましたけれどね←偉そう
本当は、気づいたら泣かされてた、みたいな墓場が理想だな~
欲張りですいませんダッシュ(走り出す様)

北澤さんの声量と、にらみ目、爆発してて衝撃
北澤さんクラスタの皆さんも、
その熱さには
「今日の北澤さんすごい」と
驚いておられましたグッド(上向き矢印)
たしかにコーラスの中で歌われていても、
北澤さんの声がトーンと前に出ているな、
と感じるシーンが何度もありましたぴかぴか(新しい)

ソワレの佐野ファントムも非常に熱いexclamation ×2
怒りの叫びはいつもの3割り増しぐらいかなexclamation & question
声が割れそうになっている台詞もいくつか。

ソワレでは、威圧感で脅すことで思いを遂げようとするのに、
上手くいかないのでそれをストレートに怒りに向けていく。
冒頭の紳士な姿と、打って変わって後半は怒れる男、
という両極端な表現が見られました。

墓場と、PONRからは終演までは涙が流れっぱなしでした...
人殺しを捕まえろ、を聞いて振り向く一瞬の表情、
やっぱり見逃せない泣き顔
あんなに弓なりに釣り上がっていた眉が、
脅えと悲しみで一直線のハの字に下がって涙

キスの後、北澤ラウルのレーザー光線に向けて、
ファントムも強い感情を込めて目線を送ります。
これは決して敗北ではない、
クリスからの愛、己の人生で唯一受けた真の愛に応えるため、
あくまでそれだけのために、私はお前にこうするのだぞ、と
訴え、語りかけつつ、一歩一歩オルガンへ。

ラスト、我が愛は終わりぬのフレーズで生まれ変わり、
ファントム椅子へスッと歩みを進める高貴さと威厳は、
1分前とはまるで別人の姿で、威風堂々とした風格が身についていて泣き顔
自尊心を取り戻す事で、人はここまで変われるんですね涙

カテコで、
まるで王家の佇まいの(笑)佐野ファントムに惜しみない拍手を送りながら、
座席的に目の前にいらっしゃる北澤さんにも拍手を...と目をやると、
えっ北澤さんの目が赤くなってる衝撃もしや感無量でウルウルしてるexclamation & question
とちょっと動揺しましたふらふら
佐野さんは前列も何度もしっかりと見てくださり、
素敵なカテコでした...ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

この翌日で、北澤さんラウル抜けしちゃったんだよね...←2回目
北澤さんラウルのいるトライアングルはやっぱり特別だしexclamation ×2
もう一度見ておきたい、貴重な組み合わせだったexclamation ×2
そう思うと??虫の知らせか、
遠征の予定を1週早めて、本当に良かったです。

相変わらず長々と失礼しました。

結論はいつもシンプルに、
オペラ座大好き、佐野さん大好きですハート達(複数ハート)
そして根底には常に、ALWへの尊敬がありますグッド(上向き矢印)

もし、読んでくださって、
何か気になる点などあれば、
遠慮なくコメントいただければと思いますexclamation ×2
スポンサーサイト
[2014/09/30 11:29] | 四季・オペラ座の怪人 感想 佐野ファントム | トラックバック(0) | コメント(0)
<<備忘録・旅編(随時追加編集) | ホーム | 9/10佐野文彦さんご出演ROMEOatウナカンツォーネ(佐野正幸さんの双子のお兄様)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
前のページ 次のページ
プロフィール

mininokitten

Author:mininokitten
welcome

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。