extraordinary time
大好きな劇団四季、佐野文彦さん・正幸さんツインズについて好き勝手に語っています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
アラジン6/13(土)ソワレ、2回目
初見後に
もう1回行きたい行きたいと騒いでいたからか、
ありがたいお誘いをいただき
感謝しかありません。
普段できない四季トークも存分にさせてもらって
四季熱が高まりました✨

この日はJCSマチネからの移動で、
不思議な感覚(笑)

今回は2階1列、
舞台のキラッキラが視界いっぱいに広がり眩しい(笑)
セットと衣装が1度に見えることで、
ステージの豪華さと華やかさを再認識。

今回のテーマは、
1度笑ったギャグを今回もまた笑えるのか、と
前回と変わったキャストを楽しむことでしたw

まずはがんばらアラジン。
がんばらさんが、メインの役を演じることに
勝手に感慨深くなりました。
案の定かわいい(すみません)、
一生懸命な少年風のアラジンでした。

メイクのせいか一層キリッとして、
終始目に力がありましたー。

ただダンスの時は男らしく、
衛兵から逃げるシーンや、
じゅうたんに誘う場面などの所作はキビキビして
ハッとするくらいかっこ良く見える瞬間が...

観ているうちに徐々にアラジンに見えてくる、
ユーモアと若干の隙のある島村さんとは、
また違った純粋そうなキャラクター😌

岡本さんジャスミン、
期待していたジャスミンを見せてくれました😊
王女の立ち居振る舞い、オーラをまとった
しなやかな女性を演じておられ、
話し方は穏やか、
かつ声にしっかりと強さと深みがある😃

アラジンと出会う市場でのダンスの場面と、
じゅうたんシーンの表情が女子で可愛い。
ここはみんなうっとり見とれたよねw
ダンスは、楽しんで情熱的に踊るのに
優雅さもちゃんとあって✨

牧野さんジャファーはオーラと声にやられました!!
前回観たのが裸の王様だっただけに、
サルタンには悪いけどリアル王様の風格ありすぎて
イアーゴよろしくひれ伏したくなりました(笑)
全然ひねくれてはいない、
まっとうな悪人というか、
王道のヒールなんですねww

酒井さんのイアーゴが、いい意味で明るい
頭の弱さ全開で…何も考えず
ジャファーに憧れてくっついてるような。

だからこそ、
この2人のシーンは観ていて全然腹も立たず、
ほほえましく見守れる(笑)
牧野さんの声の良さ、
深み、越後屋みたいな正統派の悪人ぶりが、
作品の厚みを増していますね。

相変わらず西尾さんのカシームが大好きで、
たくさん笑わせてもらいました。
友人3人組のシーンは、
たとえば殺陣も笑えるのにかっこいいし、
楽しげに見えてけっこう難しいアクションが
多いように思うので、
俳優さんの力量を感じます。

そしてそして瀧山さんジーニー。
2回目でも、初見と同じくらい笑わされたー…
周りのお客さんの勢いにつられた部分もありますし、
土曜ソワレ独特の雰囲気もあったかもしれませんが、
とにかく笑いました😊

それから意外だったのが、
幾つかのシーンで、
島村さんとがんばらさんでは、
笑いの起こり方がそれぞれ違ったこと。
俳優によって全く別の笑いが起こるなんて😍
ここにも可能性を感じました。

海宝さんではどうなるんだろう、
そして道口ジーニー、萩原カシームにも
今から非常に期待してしまいます😉

ストーリーにそこまで
深みやメッセージがあるわけではなくても、
視覚的なゴージャスさや、ダンスの勢い、
楽しさで充分満足できます☺️
エンターテイメントをここまで盛り込んだ、
楽しい演目が一つ四季に増えて嬉しい限りです💕

いつも長々とした感想ですが、
もしどなたかに読んでいただけたのなら
嬉しいです。ありがとうございました🙏
スポンサーサイト
[2015/06/17 22:07] | 劇団四季その他 | コメント(0)
| ホーム | アラジン初見6/4(木)マチネ感想>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

次のページ
プロフィール

mininokitten

Author:mininokitten
welcome

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。