extraordinary time
大好きな劇団四季、佐野文彦さん・正幸さんツインズについて好き勝手に語っています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
佐野ツインズな2年をふり返る
注.自分語り日記ですw

良い音楽&歌を求めてたどり着いたのが佐野さんご兄弟。

お二人のおかげで、
この2年間で世界がぐんと広がりました。

入り口は、
佐野正幸さんの舞台を観た時。

こんなに好みの声&ルックス←の方が四季に存在していたこと、
私が知るよりもとっくの昔から、素晴らしい演技と共に
理想にぴったり叶うファントムを、そしてビーストを、その他数ある役を
演じておられたことに感動しつつ衝撃を受けまして。
(以前の日記に書いています)

正幸さんとほぼ同時に、お兄様の文彦さんの存在を知りながらも、
四季の、正幸さんご出演の舞台を中心に通いながら
歌を楽しむ1年目を過ごしました(笑)

四季だけでなくTwitterの楽しさにも目覚め、だいぶのめり込んでましたね…😅

観劇では、毎回心から満足させられながらも、
歌の少ない演目については、
もっと聴きたいな…という気持ちが多少出てきつつありました。
その点ソンダンようこそは良かったなぁ…(笑)

そんな時に文彦さんのライブを初めて体験し、
こちらの世界もまた大好きになり、
歌がたっぷり聴けるライブという形式もやっぱりいいなーと。
文彦さんご自身にもとってもハマりました!
おかげで、知らないジャンルの曲の良さやライブの楽しさを
たくさん教えていただけました。

ライブの後は決まって、
文彦さんの歌われていたあの曲をもう一度聴きたい!と
動画やCDを探しては、余韻に浸り。

ライブで印象に残るものは主に、カンツォーネをアレンジしたもの。
ジャンルでいうとクラシカルクロスオーバーという…
ジョシュグローバン、アンドレアボチェッリなども
このジャンルに含まれるんですね(後で知った)

そういったCDを聴いては、やっぱり文彦さんが歌われるのが
1番好きなんだよなー、と思いながら聴いてる自分がいます(笑)

それらの歌の良さを教えてくださったのは全て文彦さんなので、
自分の中では、文彦さんver.がオリジナルに思えてしまう不思議w

例えばパヴァロッティのアルバムを聴いていて、
これ、あの時文彦さんが歌ってた歌の原曲だ!!
と気がつくという(笑)

何を聴いても結局、文彦さんの声で聴きたいにたどり着くのは
どうしてなのか?
先日ある言葉を聞いたことで、納得のいく理由を見つけました↓

とある番組で、
バイオリニストの古澤巌さんが、
友人である葉加瀬太郎さんについて
「バイオリンが上手い人はいくらでもいる。
僕は、彼が弾くバイオリンが好きなんだ、彼が弾くからなんだ」
………これかと!!開眼(笑)

今まで、何かのグループにハマることはあっても、
ある特定の方にハマるのが初めてだったことで戸惑いましたが、

原曲(オリジナル)を何度聴いても(←言ってもCDや動画で聴いただけですけどw)
文彦さんを越える感動がないのは、

古澤さんの言うように
この方が歌われて、作り上げるからこそ
好きなんだ、と
やっとたどり着けたわけです(長いww)

この方が歌うのでなければ私にとって意味がないんだ、
だから、こんなに歌の良さを知ることができたんだ、と
今さらながら感謝の気持ちがあふれてきます😢✨
さらに、お気に入りの映画や、初めての様々なことに触れ、
学ばせてもらいました✨

これからたとえ頻度は変わっても、
このお2人からいただける、
何ものにも代え難い楽しさ、喜び、満足感を味わいながら
過ごしていきたいですね。
スポンサーサイト
[2015/05/30 01:08] | 雑多な | コメント(0)
<<5/27文彦さん花岡久子さんライブ | ホーム | 2015観劇&ライブ参加記録>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

前のページ 次のページ
プロフィール

mininokitten

Author:mininokitten
welcome

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。