extraordinary time
大好きな劇団四季、佐野文彦さん・正幸さんツインズについて好き勝手に語っています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
佐野ファントムのMUSIC OF THE NIGHT
オペラ座観劇から1週間たっても興奮状態ってどういうことでしょう??
落ち着かないので日記に書くことにしました・・・(今週は札幌行けなかった悲しみ)

この間の愛せぬならばに続き今回も、

♪ミュージックオブザナイト
の1曲集中で(笑)ネタバレ大丈夫ですよね??

ファントムの最も美しい姿と歌声を楽しめるシーンは、
このミュージックオブザナイトだと思っていて☆

佐野ファントムの特筆すべきところを言うとすれば、
誘(いざな)われてる感>自己陶酔w

他のファントムたちの歌い方(四季CDなど)は、ナルシストで、自分の美声に酔い、
純粋に自分だけの世界を楽しんでいるように聞こえるのです・・・
その間クリスのことはほっといて、歌ウマな自分に集中しているかのよう(笑)

それはもしかしたら、この難解な楽曲を歌うのはかなりの集中力がいるため、
実際にファントム俳優さんたちも、
歌うことに最も集中していらっしゃるのかもしれません。

しかし佐野ファントムは違うのですよー_ノ乙(、ン、)_
この曲の美しい旋律を、あくまでもクリスを操るために利用して歌っている、
腹黒いファントム(笑)悪いです。
ただ、クリスのことを尋常じゃなく思って歌っている、という点では純粋というか、
まっすぐですね・・・(ストーカー的なまっすぐさかもしれませんが)

唯一、ピュアな感情で歌っていらっしゃる(ように見える)のは、
クリスが気絶したあと、本当に一人の世界になってからのフレーズのみ。
そこだけは自分のために歌っているので、とっても純粋な美しさが感じられます。

それまではクリスを操って、ついに部屋に連れてきた!!というワクワク感??(笑)でいっぱいです(。-艸-。)

ファントムがクリスを迎えることになったのも、以前から計画していたのではなく、
突然表れた恋敵ラウルに対する怒りと焦りから、
勢いづいてミラー→タイトル曲→ミュージックオブザナイト、という流れなので、
そう考えるとここで落ち着いた歌い方をされては不自然に感じます(´・ω・`;)

ここまでは悪く、あざとい、神経質な歌い方だったファントムが、
気絶したあとクリスにマントをかけ「二人は歌うのだ、夜の調べの中に」
このピュアな響きのギャップにやられます・・・(゚´ω`゚)
ここだけは、ファントムも素直に自分の感情を解放して、
最も穏やかな気持ちでうたっているように聞こえて。・゚(´□`)゚・。

この1曲でもまだまだ語りたいところですが、この辺にしておきますね(((*>д<*)))

結論=いますぐ札幌行きたい(笑)
スポンサーサイト
[2014/06/07 19:09] | 四季・オペラ座の怪人 感想 佐野ファントム | トラックバック(0) | コメント(0)
<<佐野文彦さんのライブatウナカンツォーネ | ホーム | 5/31-6/1オペラ座>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
前のページ 次のページ
プロフィール

mininokitten

Author:mininokitten
welcome

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。