extraordinary time
大好きな劇団四季、佐野文彦さん・正幸さんツインズについて好き勝手に語っています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
美女と野獣1/17,18,24
佐野さんのビースト、
久しぶりで嬉しくて飛んで行きました!
8か月ぶり、長かった...
3公演分まとめてしまいました。
佐野さんのことと他キャストさんのことが混ざってますが
ご了承ください...

17日(土)ソワレ
この日のマチネは貸し切りだったので見られず、
ソワレからの観劇になりました。

佐野さんの第一声、「誰だ」
ここで既に来て良かった~.+:。と(笑)

愛せぬならばは、決して圧倒的なパワーだけでなく
「愛なしには~」のあたりからの
ごく柔らかく繊細な表現に心打たれます。

台詞もまろやかで優しいビーストでした...

タジーさんガストン、言うまでもなく最高です✨
持ち前のディズニー顔に加えて、
面白さと恐さのバランス、
カッコつけてるカッコ悪さwがちょうどいい!!

江上さんのルフゥは大柄で、表情は地味めですが、
声の使い方は上手いなーと感心してしまいました😃
ベテランさんですもんね...
語尾の伸ばしまで完璧にキャラクター通りで😉
ただやはり個人的には赤間さんが最もハマってると思っています。

そして。満を持して初めて渋谷さんのルミを拝見し、
噂通りで納得しました😶
BOGでルミを観ないというのは初めてです😢
笑顔が少なくて...
というわけで主に青羽さんのコッグスに注目しておりました😄
癒される~💕
コッグス役では1番好きです。

18日(日)マチネ
ゆきみさんの表情に涙腺を刺激されて、
夕食エスコートから涙が止まらない二幕でした😭
この日の舞台は全体的に熱量が感じられて良かったです。
観た3公演中、最も全体の完成度が高くまとまっていました。

24日(土)ソワレ
あー...幸せな舞台でした😍
個人的には三回の中でも、
この日のベルとビーストから1番、
愛情を感じ取れました...

そもそもキャストが重鎮揃いで✨
松下さんモリース、青木さんコッグス、
長橋さんバベットという😉
佐野さんも安心しきって家臣たちに甘えてました...(笑)

夕食前の身仕度シーン、何ビクビクしてるんです!
の問い掛けへの「してない(真顔)」とか、
一度「よし」と行きかけてやっぱりダメだーと戻って来る時の、
ルミ&コッグスに倒れ掛かるかのようなしょぼーんとか(笑)
やはり王子は少年だったんだなーと思わされました☺️

ゆきみさん。声、表情から
少しずつ力みが取れて少女らしくなっていて✨

以前から図書館の読み聴かせシーンは
パーフェクトだと感じていましたが、
マッダーム、ガストーン♪や、台詞の声使いもナチュラル。
あまりゆきみさんの歌い方って好きなほうではなかったのですが、
この日はすんなりベルに感じられる歌声でした。

何よりも表情😭
さよならも言えなかった、や、エスコートを待つシーン、
ビーストと心が通じ合っていく表情に泣かされて😢

図書館の佐野さん、
本当に無邪気で、
純粋にベルとの時間を楽しむビーストを演じておられました😊
今まで入ることのなかった、この
図書館という場所でどう振る舞ったらいいんだろう、
の演技は最高ですよね😳
不器用な本の持ち方や、挙動不審な感じが...(笑)

松下さんのパパは動きが機敏かつ大きめで
、声は低くてシブくて、天才肌の博士に見えました(笑)

笠松さんの豊かな表情にはやっぱり目が行きます。
いつもニコニコ楽しそうに演じられてて、観てて幸せです💕

ゾウから注目している作井さんも爽やかで、癒されました😊
ガストン酒場の時に鹿と戯れてるのは川村さんかな?ここいつも面白いですw

この日はカテコが長く、スタオベもあり嬉しくなりました😉
(前の週はスタオベなかったので...)
どの日も初見のお客様が多かった印象ですが、
反応が良くてみんなでビーストとベルの恋を
応援している雰囲気で💕
あんな不器用にがんばるビーストだったら
誰だって好きになるよね😍

青木さんコッグスは、
低音の声に悪そうな顔立ちなのに
動きが軽やか過ぎるギャップですよね!!
(フィルマンでも同じこと言った気がします)

一瞬、渋谷さんのルミに慣れてきてしまった自分がいましたがw
やっぱり次は道口さんルミを観たいです!!
ルミでもっと笑いたい🙏

あとワイスさんダルク!
ここはけっこう重要なのです...
暴徒のコーラス、アーアーという
ダルクのソロパートが好きなんですが
そこも含めてワイスさんが好みなんです...

ここにえんたまさんポット、
小川さんバベット(今キャストの中では)、
赤間さんルフゥ、
青羽さんコッグスで完璧な家臣キャストです(無理か...)

あまり観てないのにすみませんが、
好みのキャストがはっきりしているので
期待を込めて言ってみました。

佐野さん、今回は2週間の登板でしたので
色んなキャストで観たい私にとっては
いいタイミングで観られたと思います✨

BBは幸せになれて優雅な舞台で大好きです🌹
また名古屋で行きたいなー🙏
スポンサーサイト
[2015/01/27 01:00] | 四季・美女と野獣 感想 佐野ビースト | コメント(0)
2014観劇&ライブまとめ
今さらですが別ですでにあげていたものを
こちらにも載せておきます。

佐野さんツインズな1年でした(笑)

内訳です。
名古屋 BB×5公演(1.29,3.22,4.22,5.10MS)
札幌 オペラ座×12公演 (5.31MS,6.1M,6.21MS,8.23MS,9.27MS,11.23MS,11.24M)
東京  ソンダン花束、ジョン万、アン、コンタクト、
むかゾウ×4公演(12/24,12/25,12,30,12/31)
計25公演

文彦さんライブ
四谷ウナ ROMEO6回、コンクイスタトーリ1回、ソロコン1回
六本木ピギャール 三銃士1回
名古屋ブリランテ(文彦さんスタジオ)1回
計10回

今年はどうなるかな…w
[2015/01/14 22:37] | 劇団四季その他 | コメント(0)
映画 イルポスティーノ
観ようと思ったきっかけは、
文彦さんの歌うミマンケライが泣けて仕方ないので、
どうしてなんだろう…
歌詞はイタリア語だから聞き取れないし、
単純にメロディからなのか、
文彦さんの表現に動かされるのか…
気になったからです。

これがテーマソングとして流れる映画を観ることで、
歌の世界により深く浸りたくなったから。
音楽だけでこんなに気になるなら、
きっと好きなタイプの映画に違いない!と思ったんですw

結果は号泣😭

もともと詩が好きなのもあって、
言葉の持つ力に強く動かされます。

漠然としていますが、
たとえば
人との関わり、
思いを紡いでゆくこと、
きちんと形にして伝えること…

しかし感じたことを言葉にするとあっという間に陳腐になる、
という相反することも
考えさせられるんです。

舞台や音楽で感じたことを
レポにするのは金輪際やめようかと思うほど(^_^;)

でもやはり何かを残しておいて振り返りたいので、
書いてしまうんですよね。

舞台となっている、
カプリ島の風景と穏やかな小さな暮らしぶりにも
癒されます。(実話ではカプリ島となっていますが、
実際の撮影はプローチダ島だと教えていただきました)

音楽がうまく使われているのも
温かい気持ちで観られるポイントの一つで、
テーマとして流れるミマンケライ、
パブロの家のレコードの音楽、
結婚式でのアコーディオン、
どれもストーリーと映像をあたためてくれます。

素朴な漁師の息子マリオと著名な詩人パブロネルーダが
友情を育んでいくさま、
のちに
それが崩れたかのように見えても、
マリオの、
残されたものを
一つ一つ確かめるような、
忘れず感謝する気持ち、

それがあとあと、
いわば一つの詩として
パブロに伝わり、
ラストの大きな感動につながります。

主演のマッシモトロイージが
撮影の12時間後に亡くなったこと。
パブロを演じたフィリップノワレと
どうやら実際の交流も温めていたようで、
2人が別れるシーンでは
何とも言えない切ない表情で
ミマンケライ(字幕では「寂しくなる」)と言い合うのです。

また文彦さんのミマンケライを
聴いたら、涙が出そうだな…

うまく言えなくてもどかしいのですが、
歌を聴いて流す涙は、
あくまで
映画のストーリー由来ではなく、

聴いて自身が感じたことの発露が、
涙の形になってしまうからだと思います^^;

とはいえ
この曲の持つ世界は
映画を通じて確実に広がりました。

そしてまたひとつ、
ずっと大切なお気に入りにしたい作品が増えました。

文彦さんの歌を通じて、
こんな素敵な映画に出会えたので、
お礼を言いたいです。
[2015/01/13 12:21] | 雑多な | コメント(2)
プロフィール

mininokitten

Author:mininokitten
welcome

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。