extraordinary time
大好きな劇団四季、佐野文彦さん・正幸さんツインズについて好き勝手に語っています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
オペラ座11/23マチソワ、24楽
なかなか札幌へ行けないまま2ヶ月経過。
楽が来てしまいました...。

舞台の発するものをできるだけそのまま受け止めたいのに、
真っさらな気持ちで観るって難しいな...と思いました。
が、思えば初回から私情を絡めまくって観てたのでした...
(オペラ座との出会い編に多少重たいことが書いてありますw)

終わったさみしさはありますが、札幌オペラ座観劇に関しては悔いはありません。
(10月半ばのはるさんと涼太さんの回を観られなかったことを除いては...(笑)
やりきったと思います(笑)

多少イタいことを言いますと。
これまでの人生の中で最も辛い経験をした私のささくれだった心を、
佐野さんを初めて拝見した日から、約2年間をかけて
佐野さんとオペラ座がゆっくりと癒してくれました。
楽では観劇中もその辛い思い出を思い出すことなく、完全に
昇華できた気がしました。

内容について言うと、
トライアングルの中でのラウルの愛の行き先が、以前の見解とは変わりました。
解釈のブログを読んだり、原作を読んだことも大きく影響していると思いますし、
舞台を観てもそう思いました。
(反省を込めて、原作は読みきってから行くべきでした。
私の場合、見方や観るポイントに大きく影響したので...)

ファントムは手に入れた真の愛を抱えて一生生きていける。
クリスはファントムを通じ(母の)愛を与える生き方を知る。
new(笑)→ラウルは生涯報われない哀しい愛を選ぶ。
今はこの3点に落ち着いています。またいつか変わるのだろうか...

回数を観ていないため、
いつもとの違いなどはあまりわからないので今回の3公演をそれぞれ。
まず、全体のことを。それから気になったキャストのみをピックアップして。

3公演の中では23日マチネが最も優等生的仕上がり、
スタンダードかつ力のこもった、まとまりのある舞台でした。
ハンニバルやドンファンなどの集団で歌うシーンは、
それぞれアンサンブルの方々もとても誇らしげで、
観ていて清々しい気持ちになりました。
プリマドンナは23日ソワレのほうが良かった気がします。

初見の早水マダム。
見た中で最もお母さん要素の感じられる方で、
ダンサーのフォームを直したり、指導する姿は本当のお母さんの眼差しで
温かみのある役作りでした。
原作の、肝っ玉母さん風のマダム像に最も近いと思いました。
高音のお声がキレイ、マスカレードとカテコの笑顔にほっとさせられました。

同じく初見の橋元ブケー、
呑気でおっとりした、不気味さのないブケーさんでした。



佐野さんファントム
やり過ぎず、スタンダードなファントム。
といっても基本熱いのでいつものように熱いです。
歌声はコントロールしつつ、爆発などさせずにキレイに出されていました。
ボート、TPONRはファントムの強い決意が伝わり、
歌声は佐野さん独特の懇願するような、真摯な願いのこもったもので、
聴き惚れました...

原作を読んで以来、
ファントムがどこかしらコミカルな存在でもあり、
なぜか発言のウィットに微笑んでしまったり、
彼の決断力、行動力を褒めたくなってしまったり、
ファントムに対してここまでポジティブな見方をしたのは初めてでした。

ソワレはギリギリのところでコントロールして抑えていた感情表現を、
地下室で急にたがが外れて思いきり表されていたように見えました。
ファントムが熱くなればなるほど喜ぶ私には嬉しい変化です(笑)
叫ぶセリフでは深く膝を屈めて腕を頭上へ振り乱す姿も...

楽は全てが収まるべきところに収まってゆくかのような、
一つ一つ確認したうえで腑に落ちていく作業。
スタンダードのファントムを見せていただいてありがとうございました!

山本さんクリス
声→前回と大きく変化があったとは思いませんが、
高音を歌う時とデュエット部分だけは急にうっとりするぐらい綺麗な響きで、
一瞬おっ!!と思うのです。
しかしまたすぐに、あぁ...すみません。

演技→なぜ山本さんの演技に泣けないのか考えていました。
目の表情が乏しく、夢見ているというより動きがないのです...
サンボと何か違うかと言われると...
3公演とも印象が変わらないので、これでまとめさせてもらいます。

北澤さんラウル
穏やかな子爵ですが、良い言い方をすれば孤高の。
言い換えれば孤独を抱えていそうな子爵に見えます...
原作のラウルと近いと思いますが、
強さと柔らかさを備えたまっすぐな存在で、
天真爛漫さはさほどありません。
※追記/ ご指摘いただいて後で思い出しましたが、
北澤さんのラウル像は
原作のラウルともさほど遠くないのですが、
原作に出てくるラウルの兄フィリップのほうがさらに、
人物描写も人となりも近いように感じました。

最も感じたのは、
報われない愛になるとしても、クリスと運命を共にすると決意したうえで
行動に移す、哀しみの伴う責任感です...

楽日は特に、
お声の出にくさをカバーしようとしたためか(率直に書かせていただきます)
これまでで最も感情の見えるラウルを演じてくださったと思います。
私としてはクリスに対する愛情表現にぐっときました。

クリスに言葉をかけるときの苦しげな、でも気遣いにあふれる愛情深い声と表情。
しっかりと肩を支えて安心感を与える手の力強さ。
こんなにラウルの心境を見せていただけて感謝でいっぱいです。

3公演の席がそれぞれ、センター(我が愛を正面で受けられるw)、下手、上手と
3方向から観られたこともありがたかったです。

カテコのメッセージ、3人のソロ、マスカレード。
楽カテコは12回にも及んだそうです。
お一人お一人に惜しみない拍手を贈らせていただき、
感謝の気持ちと誇らしさで涙が出てしまいました。
林さん、永井さんなど連投された方の表情を見ていると
胸がつまりそうでした...
川地さんのあんな笑顔を見るのは初めてでこちらもニコニコ。

山本さんはなりやまない拍手に
胸がいっぱいの表情で佐野さんの顔を時々見ておられて、
がんばられたんだなーと。
北澤さんは公演委員長を長くなさったことや、
楽日のお声の不調など様々な思いがあったと思いますが
膨れ上がるような拍手を受けられていました。
それに価する大きな働きをしてくださったと思います。
私も孤高のラウルと、
完全なトライアングルを見せてくださった事への拍手を思いきりさせてもらいました。

佐野ファントムは...
特カテ前のカテコで最も目が潤んだ、
何かをこらえるような表情をなさっていたように見えて
こちらも堪えられず泣きました。
特カテでは美しくエレガントなマスカレード、
お一人で何度もカテコに応じてくださり、
笑顔で、時にきりっと、各方面へ目線と一礼を送られていて
最後まで誇り高いファントムでした。

最後に、この場をお借りして...
札幌遠征に際してチケットの事や、
他にもたくさんのアドバイスやお手伝いをいただいたり、
現地で温かく迎えてくださった皆さん、
本当に感謝でいっぱいです。
ありがとうございました!

そして読んでくださった方がいらっしゃいましたら、
余談だらけのレポに
お付き合いいただきありがとうございました。
せめて、言いたいことのエッセンスだけでも伝わるといいなと思って書きました。
何かあればコメントいただければと思います。
スポンサーサイト
[2014/11/28 22:10] | 四季・オペラ座の怪人 感想 佐野ファントム | コメント(2)
11/12ROMEOatウナカンツォーネ
いつものウナ、気軽に通わせてもらえるありがたいお店です(^^)

出演者のボードに、ピアノの小林ちからさんのお名前を見つけて嬉しくなりました。
ちからさんはダイナミック、情熱的でエモーショナルな演奏です(語彙が少ない…)
オリジナル曲などもお持ちでお忙しく活動なさってるそうで、
こうして伴奏で聴けるのは貴重なことなのかなと思いました。

オーナー高橋良吉さん
いつものナンバー、
エペンソアテ、コメプリマを聴いてるだけでほっとします😊
エペンソアテのピアノの間奏が泣けるメロディで、
ちからさんのピアノで聴ける喜び…。

高木椋太さん
いつもはオリーブグリーンやオレンジなど、
カラフルな衣装で癒し系イメージの高木さんが、
全身黒にクロスモチーフのアクセで珍しいなと思いました。

歌で気に入ったのは先月も歌われたチェタンゴチェ、
そして新たにピアソラのリベルタンゴ!!
この曲に歌があったとは…ヨーヨーマのCMで有名ですね、と紹介。
椋太さんの、癒し系のまろやかな声でタンゴを聴くのは新鮮ですが
ちからさんの緊張感を保ったピアノにのせて、
すんなり入ってきました。
ピアフのパダンパダン、レミゼから夢やぶれて(I dreamed a dream)
高木さんはミュージカルの曲もよく歌ってくださいます。

唯文さん、ご自身で
「暗い歌担当、唯文です」と登場、
いつも一言ひと言が面白いです。
元パリコレモデルさんということで衣装をチェックしてしまいます。
1ステージ目はシルバーのスパンコールのスカーフを首にかけて、
赤トンボのブローチを肩に止まらせていたのが、(笑)
2ステージ目ではスカーフがなくなって、
赤ベルベットのネクタイにそのトンボが( ´ ▽ ` )
北海道出身ということで、松山千春さんの恋を歌われました。
エディットピアフの「アコーディオン弾き」もけだるそうで、似合ってました。
兵士を意識したカーキ色のジャケット、
肩甲骨のところにバイオリンのような模様が入って、
背中はすそが少し広がる形のデザインでした。

文彦さんは…
まず衣装は、レースアップのブーツにジーンズinでかっこよかったです(^^)

Sempre Sempre変わらぬ想い 切なくセンプレ、センプレと繰り返される美しいメロディの歌。好きです!
夜のタンゴ ジュリーです(・ω・)ノ文彦さん、お気に入りみたいです。http://youtu.be/fGXjnW3m_8g
Cinema Paradiso 最近ずっと聴いてたこの曲を歌ってくださってミラクル😍うっとり
僕はいつも僕のまま

ナポリへの涙 ナポリを思って歌う哀しいメロディ
氷の世界 井上陽水 文彦さんの新たな声の魅力を知りました。http://youtu.be/B84_0Rz3DvU
世界ぃ〜〜←のファルセットがキレイに響いて、喉どうなってるのと思います😱
カルチェラタンの雪 布施明
STARS レミゼ この曲を歌われる文彦さんがいつも王様にしか見えません(笑)✨

MCでお話されていた、11/28にご夫婦で名古屋で行われるコンサートのお稽古。
「僕はお稽古って好きじゃないんですけど、
ダンサーの子達が、もし僕にいるとしたら娘ぐらいの年齢で…20歳25歳とか。
だからお稽古が楽しくて、普段だったらやらないのに、
『今日はちょっともう一回やろっか、なんて(笑)』」
文彦さんも軽い振り付けがあるそうです(^^)

大掛かりなコンサートなので、照明のこと一つとっても文彦さんが決めてらっしゃって、
聞いてるだけでも準備がお忙しそう∑(゚Д゚)
ROMEOで、ちょっとリフレッシュにもなったようです♪( ´▽`)

この日は個人的には、
文彦さんのニューシネマパラダイス(シネマ・パラディーゾ)が聴けたことの嬉しさが大きすぎて、
そこでうっとりしてしまい、他の部分が飛んでしまうほどでした(^^;)
ふわふわした気持ちで聴いてたから、あまり覚えていないのは残念ですが、
(初めて見聞きするものにはよくあります)
幸せな時間でした…もう一度聴きたいです(^^)
文彦さんご自身、この歌は久しぶりに歌われたそうです。
そのあと「イタリア語良いよね😃」とニコッとされてました😊
爽やか〜(笑)

終わった後、時間をとって写真撮影やサインまでしてくださり、嬉しく楽しい時間でした♪( ´▽`)
2ショットの後、文彦さんオンリーでも撮る流れになり、
何人かで撮っていたら「なんなの、なんなのこれは笑」と優しいお兄ちゃん的ツッコミをしつつも、
カメラを向けられるとしっかりポーズをとってくださるという(笑)和やかなシーンでした(^^)


そして高木さんのリベルタンゴ!!もちろんバンドネオンで聴くのがいちばんですが、
歌詞が付いたことにより一気に曲の持つ世界が広がって、
目からウロコの気分で聴きました。
情熱のバラ…といった歌詞がたたみかけてきます。
このメロディ、歌うとブレスをとる余裕があまりなく、
苦しいと思います…高木さん息切れしかねないなと思うぐらい。
最後の1フレーズまで、張り詰めた緊張感を保って歌い切っておられ、
思いっきり拍手してしまいました。

終演後、映画・美女と野獣を観たいらしく、
すでに観られた方の目の前に座り込みで(笑)感想を聞いておられました。

唯文さんとのおしゃべりで印象に残ったのは、
「最近の曲はあまり知らないんです…」と言う私たちに、
「そうか、最近の曲で満足できない(?)ような人がここにくるんだねぇ〜」と
納得したようにおっしゃっていて(笑)
私たちが年齢に見合わない曲を知っていることが不思議だったのかな(^^;)
私はウナで知った曲も多いので、
そんなに不思議に思われるようなことはないと思う(言い訳っぽいw)
新たなジャンルにウナで触れられるのが楽しいだけなんです。
また来月も楽しみだな〜🎶

追記.
先月のピギャールで歌われた神野悠斗さんが客席におられて
(気づいたらずっと隣席に座ってました、
出演者もお客様も一緒に客席に座ってしまう感じがいいですよね)
ステージに呼ばれて告知をなさっていました。
唯文さんよりさらに背が高く、
ROMEOメンバーにいじられてひたすら恐縮していました(笑)
神野さん作詞作曲の歌を、美川憲一さんが歌われてCDを出されたそうです。
タイトルは「今夜は華になる」ROMEOの皆さん、
紅白で聞けるから、とかそんな感じのことを口々におっしゃっていて、
私には本当なのか冗談なのかわかりませんでしたw
[2014/11/15 13:45] | 佐野文彦さんライブ | コメント(0)
10/30佐野文彦さんご出演ライブ@六本木ピギャール



文彦さん初めてご出演の、こちらのシャンソニエへ行ってきました。
「六本木ピギャール」

3人の出演者ということでタイトルは三銃士の夕べ。
文彦さん、このタイトルがついていることを知らなかったようで、
私が会話の中で「三銃士」と言っていたら、
「あ、そうなの?いつの間にタイトルついてたんだ」な反応でした(笑)

店内は、マダムの切り盛りするお店なので女性らしい雰囲気で居心地良かったです。
マダムも、隣席のお客様たちも暖かく接してくださって、安心して歌に浸れました。
こんなに席がいっばいなのは久しぶりのことだったそうです。

出演者の方々は、
ウナにも出ておられる神野悠斗さん(ジャニーズ声の印象)
元々、KAKEHASHI、シャルマンのユニットで文彦さんとつながりのある川島豊さん、
そして文彦さんでした。

ピアノは山下淳さんという女性の方です。
ウナで1度お聴きしていました。

1番手は神野さん。
オープニングのトークとメンバー紹介。
俺今日しゃべりいいなー、と自画自賛w
カーテンの向こうからちょっと顔を出して一礼なさるのが微笑ましくていいです。
四季でいうカテコのような楽しさもありますね(笑)

【1ステージ目】
神野さん
3曲披露されました。
ジャンルは、歌謡曲、になるのでしょうか…
1曲目のタイトルは「カンツォーネ」
他は失念しました...。

川島さん
MCからそのままの流れでシャンソンの語り部分に入られるので
すんなり情熱的な川島ワールドに引き込まれます。
表情豊かに、こちらに向かって歩いてきたり、
向きをあちこち変えながら歌われるのが
パントマイムのようで、歌の間は
哀しいクラウンのような雰囲気のある方でした。


文彦さん

①じっとこうして
歌い出し、マイクのトラブルか、音が入らずしばらく生歌状態に。
マダムに小声で(大丈夫です)とささやいて歌い続ける文彦さん、プロですねー。
 もともとマイクがいらないほどの声量なので全く問題なく、むしろマイクが効いてない事に気づかないぐらい。

②夜のタンゴ ( 沢田研二さん)
 文彦さんのMCで、「これを聴いて『かっこいいなー』と思って、すぐ影響を受けるので、最近気に入って歌っています」かっこいいなー、の言い方が低いウィスパーボイスで、でも憧れる少年ぽい(^^)

③カルーゾ
 曲の背景を調べたことがあったのでざっくりとは知っていましたが、より詳しく語ってくださって理解が深まりました。
亡くなる10日前の父親が、娘に伝えるメッセージを歌ったものです。
個人的解釈ですが、
父親が泣き止んだ娘にしっかりとした口調で、お前を深く愛した人生に悔いはない、
それは自分が亡くなったあともずっと変わらないものだ、と伝える姿が浮かびました。

④グローリア
ミッシェルポルナレフ、邦題は忘れじのグローリア
この曲は気に入りましたexclamation ×2
こういうメロディこそ、
文彦さんが歌うことで新たな輝きを産む名曲です(つД`)矢印(左)感涙
山下さんの柔らかく伸びるピアノに、
格調高く力強い歌声で歌われるグローリア、
贅沢な響きでした♪( ´▽`)


【2ステージ目】

神野さん
オリジナル曲をピアノの弾き語りで3曲。
親から子をおもう気持ちを歌った曲1曲、
女性目線の曲2曲。
どちらもバブル期の女性像かなと思いました。
1つはアラサーOLさんが、お仕事はあまり頑張らずに…とぼやく感じの(^^;)
もう1つは「成城マダムに憧れるバカな女の子の歌です」と紹介されていました。

川島さん
3曲中の1曲を、ピアノで弾き語りをされていました。

文彦さん

①アルディラ youtubeに文彦さんver.があります(笑)

②ピアノ弾き
はずむピアノにのって、この歌も文彦さんもとにかく、可愛い!!(笑)
動画を探しましたが見つかりませんでした、残念…
出だしは「僕はしがない ピアノ弾きの稼業~ムード

MCで、「ピアノくらいしか弾けませんから」と片手でピアノ本体を引く(引っ張る)フリ、持ちネタと化してきてて拝見するの2回目です(笑)
川島さんが、「違う違う」とか何とかおっしゃって、
兄劇場は終了w

③カルチェラタンの雪

④わかって下さい 因幡晃 ピアノ弾き語り(!)
「他の2人が弾き語りしてるからなー、僕も全然予定してなかったけどやろうかなー」と言って直前に即決です♬嬉しくて拍手しました…!!
それにしても初めての場所で、すごい勇気...。

曲目をどれにするか迷われていて、
「普段絶対ない【愛せぬならば】か、(それとも)…」と3曲ほど候補を挙げられたので、
文彦さんの声で愛せぬならばを聴いてみたい!!
と思いましたが声が出ずw
初めてのお店でリクエストは無理でした...

ここはマダムの鶴の一声で、候補の中から「わかってください」に決定。
手元を伏し目がちに見ながら弾き語る文彦さんに見とれましたー♪( ´▽`)

⑤アンコール
彼女に告げてよ ナポリターナ
「最後はナポリターナを…」のMCに嬉しくなりました!
やはりラストは、カンツォーネで文彦さんの溢れる声量を響かせていただきたいし♬
この歌は全イタリア語詞で、
各フレーズの最後の母音を、
全て声量を保ったまま伸ばすので、
文彦さんの持たれる声の良さが丸出しになります(笑)
後で歌詞を調べたところ、
シンプルに情熱的なラブソングでした。

初めての会場と出演者の方々で、
新鮮な気持ちで聴けました。


いつも長くて申しわけないレポですが、
読んでくださったのでしたらありがとうございました。
何か気になる点がありましたらコメント欄にお願いします( ´ ▽ ` )ノ
[2014/11/04 13:41] | 佐野文彦さんライブ | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

mininokitten

Author:mininokitten
welcome

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。